食べある記

関東への旅~SALT編~

宮城県では宿泊税がなかなかうまく進まないようです。

仙台市や鳴子温泉の組合が反対しているとか。

主な反対理由としては、

消費税、入湯税に加えて宿泊税ということで、

消費者の税負担が大きくなることが一番のようです。

加えて徴収義務者の事務負担もありますね。

300円を想定しているようです。

宿泊料が6000円の温泉宿だと、

消費税が600円、入湯税が150円、宿泊税が300円とすると、

7000円オーバーになりますからね。

湯治客メインの温泉地としては

すぐに賛同できるものではないかもしれませんね。

東京都のように宿泊料に応じた

金額設定のほうがいいのかもしれません。

でもそうすると徴収の事務が煩雑になります。

本来であれば、業界から宿泊税をという要望があがるのが

理想的だと思うのですが、

行政主導だと反発が起こりますよね。

なかなか難しいところです。

 

 

さて。

つづきです。

 

ランチは埼玉県庁近くのフレンチレストランSALTさんへ。

初日のランチにして、

ほぼ旅行のメインといった感じです(笑)

NARISAWAで修業したシェフの店とのこと。

 

埼玉と言えばCOEDOビールということで(^^)

 

何でも音楽好きということでレコードが敷かれていました。

鯵×茄子。

 

胡麻×薬味

 

葱×鴨油

 

パン。

 

鰻×卵

 

本日のお魚。

鰆だったような気が。

 

本日のお肉。

鴨です。

 

桃×すもも

 

エスプレッソとお茶菓子。

 

海の魚以外は埼玉県産の食材を使っていて、

特に葱はちょっとびっくりしました。

炭のパウダーです。

あとは鰻がとても香ばしくておいしかったです。

 

ランチメニューでしたので非常にリーズナブル。

酒を飲みながら食べるには量もちょうどいいです。

おそらくご近所さんだと思いますが、

普段着で楽しめるフレンチという感じで混んでいました。

 

つづく。

 

 

本日の松之山温泉は曇り。

穏やかです。

 

 

あちゃの。

人気ブログランキングに参加しています
清き一票をお願いします(笑)
↓↓↓

-食べある記