和泉屋のロゴ

こんにちは、松之山温泉 和泉屋のWEB担当 小野塚 賢(おのづか けん)です。
当館Websiteにアクセスしていただき誠にありがとうございます!
1971年松之山生まれ。学生時代に数年首都圏にいましたが、ずっと松之山育ちです。

写真を撮られるのに慣れていないので緊張気味の硬い表情をしております。それでも初対面のお客様から「小野塚さん!」と名前で呼んでいただけます。嬉しかったり恥ずかしかったりですが、こんな写真でも出す意味があるのかぁと。。。本来はかなり柔らかい人間です(笑)

さて、あなたは旅の宿をどのように選びますか?
一人旅の時、親しい友達と、同窓会、サークルの仲間、出張に会社の慰安旅行…たくさんのシチュエーションがあると思います。家族旅行の場合でも、夫婦だけの時と子供がいる時では違いますね。記念日だったり、お祝いであったり、骨休みであったり、帰省であったりとさまざまな動機があると思います。また、観光や体験などの旅の目的地からの距離感も大切なポイントです。その時々によって求める宿は違ってくるのだろうと思います。もちろん宿が目的地になってくれれば、宿にとってこれほど幸せなことはないのですが(^^)

突然ですが…私、居酒屋が好きなんです。仕事帰りに「ちょっと一杯」という感じで行くような居酒屋です。特別変わったメニューとか貴重なお酒とかは必要ないんです。いつもの店、いつものメニューをいつもの味で、そしていつものお酒。ほっとしますよね。その安心感が人を饒舌にさせるのだと思います。カップルであれば将来のこと、同僚であれば仕事のこと、趣味の仲間であれば趣味のこと、同性同士なら異性のこと、テレビ番組やニュース、スポーツ…ありとあらゆる話題で盛り上がります。そんな空間が微笑ましくて、心地が良いのです。普段なら仕事が終わると家路につくけど、今日は寄り道して…日常と非日常の間という感じでしょうか?

というわけで、和泉屋は『居酒屋旅館』を目指します!(笑)

記念日などの「ハレ」の舞台は他の旅館さんにお任せします。豪華なもの特別なものはないけれど、昔からのもの地のものというストーリーのわかりやすいお料理や、密着性の高くない接客、ゆえにリーズナブルな料金でお客様の「自分たちの時間」を楽しんでいただきたいと考えています。
妻と休みが合ったから、ちょっと腰が痛いから、仕事が一段落ついたから、友達が来るから…そんな日常の延長にある温泉宿でありたいと思っています。仕事終わりに「温泉で一杯やるか」となって、「飲んだから泊まろうか」となって、「朝一で出れば会社に間に合うし」となれば最高です。

ただし…温泉はスペシャルです!お風呂は普通ですが。。。(笑)


最後までお読みいただきありがとうございました。
お客様から寄せられる「よくある質問」とありがたいことにお客様からいただいた感想集のページがございますので、お時間のある時にでもお読みいただければ幸いです。

ゆるいブログをやっています→→→

ホーム

ごあいさつ  

施設

お風呂

お料理

料金プラン

アクセス

周辺の見どころ案内

温泉街のご紹介

アクティビティーのご紹介

旅のトラの巻

お問い合わせ

各種パンフのダウンロード

宿泊約款

個人情報の取扱について

ホームへ 宿六日記 facebook youtube twitter instagram google+